• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1375
  • 公開日時 : 2021/03/05 13:16
  • 印刷

i-ELOOPとは?i-ELOOP付車と無車のカタログ燃費(JC08)は、あまり差が無いが、i-ELOOPは燃費にほとんど貢献しないのですか?

回答

従来は、走行と充電に燃料を消費していましたが、i-ELOOP(アイ・イーループ)は減速時に発生するエネルギーをキャパシターに電気として回収し、クルマが必要とする電気エネルギーとして再利用するシステムです。

カタログ燃費はエンジン電装品以外は、ほとんど電装品を使用しない状態で測定を行います。
それに対して実燃費(実際にお客様がクルマを使用している状態)では、オーディオ/ナビや空調、ヘッドランプ等を使用する為、その分オルタネーター(※)への負担が大きくなっています。
i-ELOOPはキャパシターに蓄えた電力で、このオルタネーター(※)の負担を軽減し燃費を改善しています。

従って、頻繁に加減速があり、電装品の使用が多い実用走行時では、燃費への効果が大きくなります。
走行条件により効果は変化しますが、マツダの評価では、i-stop(アイ・ストップ)+i-ELOOPの組み合わせで約10%の効果を確認しています。
『i-ELOOP』というネーミングは、Intelligent Energy LOOPの略で、「エネルギー(Energy)を、無駄なく、賢く(Intelligent)循環(LOOP)させる」を表現しています。

※オルタネーター:エンジンの動力を利用して稼働させる発電機のこと

このFAQは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます
TOP