• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1381
  • 公開日時 : 2021/03/05 13:16
  • 印刷

寒冷地に行く前の注意点について教えてください

回答

■冷却水(クーラント)の濃度調整が必要です。
寒冷地の場合、冷却水(クーラント)濃度は45%以上がお勧めです。
汎用商品のマツダロングライフクーラント・ゴールデン(FL22)に交換されると55%に調整されています。
ご使用中のお車の濃度は、マツダ特約販売店でご確認ください。
 ※車種毎の冷却水濃度と使用温度範囲については、取扱説明書の冬にそなえてをご確認ください。

■ウォッシャー液の濃度調整が必要です。
ウォッシャー液の凍結防止のため、ウォッシャー液容器に表示してある凍結温度を参考にして、外気温に応じた濃度に調節してください

■ディーゼル車について
・ディーゼル車の場合、寒い時期は普通の軽油では凍ってしまうおそれがございますので、寒冷地へ移動する時は現地に着くまでに燃料の残量が1/2以下になるようにしておき、到着後はできるだけ早く寒冷地用の燃料を補給してください。
 ※詳細は取扱説明書のディーゼル車の使用燃料についてをご確認ください。
・冷却水温が-10℃の時、エンジン回転数は3,000 rpm以下に制限します。 (最大190秒間)

■その他、以下の対応や点検をお勧めします。マツダ特約販売店へご相談ください。
・エンジンオイルの準備
 外気温に応じたエンジンオイルに交換してください。
 ※詳細は取扱説明書の車両スペックをご確認ください
・バッテリ液の量・比重を点検
・寒冷地用ワイパーブレード
 通常のワイパーブレードの金属部分をゴムでおおってあります。
・冬用タイヤの準備
 ※詳細は取扱説明書の冬にそなえてをご確認ください

■転居の場合は、今後の車両メンテナンスのために転居手続きをお願いします。
転居のお手続きについてはこちらをご確認ください
お車の取扱説明書はこちら

このFAQは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます
TOP