• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 966
  • 公開日時 : 2021/03/05 13:14
  • 印刷

AT車やCVT車のクリープ現象とはなんですか?

回答

エンジンがかかっている時、セレクトレバーがP・N以外の位置にあると、動力がつながった状態になり、アクセルペダルを踏まなくてもゆっくり車が動き出すことがあります。
この現象をクリープ現象といいます。

・ 停車中は車が動かないように、セレクトレバーをPまたはNレンジに入れてブレーキペダルをしっかり踏み、必要に応じてパーキングブレーキを効かせてください。
・ エンジン始動直後やエアコン作動時はエンジン回転が上がりクリープ現象が強くなりますので、特に注意が必要です。

このFAQは役に立ちましたか?

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます
TOP